読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、徒然なるままに。

IT系の話題をメインに。DIYer。C#er。旅行/天文好き。

WindowsへRedmineをインストール - その3 - Gitインストール編

次は、Gitのインストールです。Rubyプラグイン・GemやRedmineプラグインの中にはGitを使用するプログラムもあるので入れておきます。

 

 Gitのダウンロード

まずGitをダウンロードします。以下へアクセス。

https://git-scm.com/

f:id:shoutatani:20170218163120p:plain

 

右下の、「Download for Windows」をクリック。

自動でダウンロードが始まります。保存先を適当に選んで保存。

f:id:shoutatani:20170218163209p:plain

 

Gitのインストール

実行します。

f:id:shoutatani:20170218163231p:plain

 

契約書を読んで「Next」をクリック。

f:id:shoutatani:20170218163302p:plain

 

Gitのインストール先を指定します。

念のため、インストールパスに空白を含まないように、適当にProgramといったフォルダでも作ってその中にインストールします。

「Next」をクリック。

f:id:shoutatani:20170218163407p:plain

 

次は、Gitのコンポーネント周りの設定。画面の通りにすればよいです。もしくは初期値のままでも構いません。

 「Next」をクリック。

f:id:shoutatani:20170218163522p:plain

 

「Next」をクリック。

f:id:shoutatani:20170218163547p:plain

 

ここは、真ん中の「Use Git from the  Windows Command Prompt」を選択。コマンドプロンプトからGitコマンドを使用するようにします。

「Next」をクリック。

f:id:shoutatani:20170218163632p:plain

 

ソースの文字コードを選択。一番下の「Checkout-as-is, commit-as-is」を選択。Gitのチェックアウト時・コミット時に何もソースの変換がかからないように。

「Next」をクリック。

f:id:shoutatani:20170218163820p:plain

 

そのまま「Next」をクリック。

f:id:shoutatani:20170218163851p:plain

 

ここも、そのまま「Next」をクリック。

f:id:shoutatani:20170218163917p:plain

 

「Install」をクリックします。

f:id:shoutatani:20170218163943p:plain

 

インストールが始まるのでしばらく待ちます...

f:id:shoutatani:20170218163959p:plain

 

Gitのインストールが完了しました。

f:id:shoutatani:20170218164014p:plain

 

あとは、Ruby同様にプロキシ環境下でGitを使用する場合はプロキシの設定をGitに対して行うようにする必要があります。

コマンドプロンプトを開いて、以下のように流します。

git config --global http.proxy http://プロキシサーバー名:ポート名
git config --global https.proxy http://プロキシサーバー名:ポート名

 

お疲れさまでした。

 

Rubyのインストールがまだの人は以下へどうぞ。

 

shoutatani.hatenablog.com