読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、徒然なるままに。

IT系の話題をメインに。DIYer。C#er。旅行/天文好き。

リモートエンジンスターターとは。その選び方・つけ方も。

車・バイク

リモートエンジンスターターの選び方、配線の特徴、設置する際のポイントとか。

車にリモートエンジンスターター(CARMATE・TE-W73PSB)をつけました。

はじめてのリモートエンジンスターター

リモートエンジンスターター?いらない?という方もいるでしょうが・・・北国の人間にとっては重要です。

なんせ、家/会社にいながらエンジンをかけれるのですから!

寒い冬に、いざ車に乗り込んでもフロントガラスが凍っていてすぐ発進できません。

社畜にとっては致命的!

夏も夏で、乗る前から冷やしておけて、快適です。

 

 

リモートエンジンスターターの選び方

さて、リモートエンジンスターターをつけたくなったらまずは以下の選択を。

1. 純正品

2. 非純正品

 

純正品のリモートエンジンスターターとは

いわゆるディーラーオプションのリモートエンジンスターターですね。お乗りの車専用のリモートエンジンスターターをディーラーに注文、そして車を預けて取り付けてもらいます。

メリット

純正品なので車のキーのデザインとマッチしたリモコンで始動できる

リモートエンジンスターターでエンジンをかけたら、そのまま乗り込んですぐ発進できる、など。

デメリット

高い(工賃もそうだが、部品代も)

古い車だと対応していない場合あり

電波到達距離が短い場合あり(致命的、非純正の社外品の1/10とか。)

 

非純正品のリモートエンジンスターターとは

オートバックスイエローハット、ジェームスをはじめとした大手カー用品量販店や、Amazon, 楽天などで購入可能なリモートエンジンスターターです。

メリット

電波到達可能距離が長い

自分でつければ工賃なし、部品代も安い(1万~)

大抵の車につけられる

デメリット

車の配線に割り込ませるため、車を損傷させるリスクありあ。傷だけでなく、ショートによる車全体の全焼の危険性もあります。

配線が面倒。カプラーオンでつけられるわけではなく、ギボシ端子やワンタッチコネクターを使って、車内の既存の配線から信号を分けてもらいます。

手が届きにくいところに配線する必要もあるため、配線がうまくいかずにうまく動作しないこともあり(今回経験しました。)

イモビライザーつきの車は、別途スペアキー(イモビライザーチップ内蔵)が必要です。

 

どっちを選べば?

まずは、純正品のリモートエンジンスターターのスペックを調べましょう。その電波到達距離が問題なければ、純正品つけるのが一番楽です。安全ですし。

あまりお金をかけたくなければ、社外品一択です。自分でやってしまいましょう。

では以下社外品を取り付ける際の指針を。

 

社外品にはどんなメーカーがある?どんなエおうンジンスターターが合うの?

大体以下の大手三社に絞られます。これらの会社の中から、まずはお車に適合するエンジンスターターを見つけましょう。

 

エンジンスターターは、エンジンスターター+接続ハーネスで車に接続可能になるので、接続ハーネスがお車に適合しているのかどうかを探すのがまず第一歩。

 

そして適合しているハーネスに接続可能なエンジンスターターを選びます。

なんでもかんでも付けられるわけではありませんので・・・。

 

ユピテル

言わずと知れた、ドライブレコーダーレーダー探知機等をてがける大手。

www.yupiteru.co.jp

ハーネス適合表を見て、自身の車に合うエンジンスターターがあるか見てみましょう。

エンジンスターター ハーネス適応表|Yupiteru(ユピテル)

 

コムテック

こちらも、ユピテル同様にドライブレコーダーレーダー探知機を手掛けています。

エンジンスターター | 株式会社コムテック

こちらも適合表を提供されています。

車種別適合表

 

CARMATE(カーメイト)

こちらも、カー用品の総合メーカーです。

今回、設置したのもこちらのエンジンスターター。前車でもこちらのエンジンスターターをつけました。

www.carmate.co.jp

適合表を。

db.carmate.co.jp

 

 

取付方法は?車の分解に自信がない・・・

まず第一に、自信がなければ量販店で持ち帰りで買ったり

ネット通販で買ってはいけません

例えば、設置途中にうまくできない場合、途中から大手カー用品量販店に取付を頼む、なんてことはできません。リスクの所在の判断ができませんから、断られます。

もし少しでもリスクを避けたいならば、量販店で購入・取り付けもしてもらう

もしくは、付き合いのある車屋に取り付けてもらうのがベスト。

 

それでもご自身でつけたいという、勇気のある方へ。

ネットの先人の教えを見つけましょう。

以下その探し方を。

 

車の分解方法

これはもう、みんカラ に頼るだけです。お車大好き、な人ばっかりのSNS。大体の車がばらされて丸裸。本当は、整備要領書などを見るといいんですが、そんなの個人で買うほどではないと思うので・・・。

minkara.carview.co.jp

車種ごとに、パーツの取付記録(整備手帳とみんカラでは言います)や、パーツの良しあし(パーツレビューとみんカラでは言います)があるので、こちらを参考にすればまず間違いなく分解できます。

 

 他にも、カロッツェリアの取付方法なども参考にするといいかもしれません。

pioneer.jp

 

 

どんな風に取り付けるの、っと

今回、 マツダ/アクセラ(BLEFW)にCARMATE製のリモートエンジンスターター、TE-W73PSBを取り付けました。

www.carmate.co.jp

 

ユピテルやコムテックのリモートエンジンスターターは先代アクセラに対応しておらず、唯一社外品ではカーメイトのリモートエンジンスターターだけ対応してました。

適合表がこちら。

db.carmate.co.jp

 

適合表によると、TE-W73PSBと、TE-W72PSBのみが先代アクセラに対応している模様。

ハーネスは、TE159。

 

ドアロックアダプターというハーネスもありますが、こちらはリモートエンジンスターターのキーで、車のドアを遠隔ロック・解除できるものになります。

というのも、リモートエンジンスターターでエンジンをかけたら、純正のキーではドアオープンがワイヤレスではできないので、鍵で直接ドアをあけるか、もしくはリモートでエンジンを停止して、純正キーでエンジンを再始動するしかありません。

そこのところを、ドアロックハーネスを噛ませれば、リモートエンジンスターターのキーだけでドアオープンもできるので、手間取らない・・・というものなんですが、配線が面倒なのでいつも配線していません。

 

というわけで、大正義Amazonでエンジンスターターと車種専用ハーネスを購入。

約2万円でした。

 

f:id:shoutatani:20161120165249j:plain

 

さて、お次に分解ですが・・・みんカラの偉大なる先人に頼りました。それはもう。

みんカラ/整備手帳/内装/インテリアパネル に大体載ってます。

 

こことか・・・

minkara.carview.co.jp

 

ここを参考に。

minkara.carview.co.jp

 

あとは、外すだけなんですが、外す前に色々工具を準備しておくといいです。

 

あると便利な工具

小型ライト・・・下から照らしたりして、配線のチェックや内装の分解時の細かな配線の取り外しに役立ちます。

棒状の磁石・・・落ちたねじを拾うのに。

絶縁テープ・・・むき出しの配線を守るのに大事です。

かしめる工具・・・ラジオペンチなどがあると、ワンタッチコネクターをかしめるのに大活躍。

ドライバー各種・・・便利というか、必須です。

六角ボルト脱着工具・・・こちらも必須。8mmか10mmをよく使います。

マスキングテープ・・・傷つけ防止に、傷つきそうな場所やドライバーをあてる箇所にはりつけます。

内装はがし(内張りはがし)・・・いろいろ外すのに、突っ込むために使います。便利。

 

分解する前に

これ、車いじりに大事なんですが、バッテリーのマイナス端子を外しておきましょう。

万が一ショートした場合などに、エアバッグなどが開く危険性や感電する危険性があるので必須です。

ほんとに。

 

そして分解します・・・

直接運転席下のパネル(ロアパネル)を外せる場合もありますが、そこまでにいろいろ外さなければいけない場合も。

例えば先代アクセラでは、ドリンクホルダー→シフトパネル→センターコンソール→運転席側スカッフプレート→運転席・助手席側サイドパネル→運転席側アクセル横のパネル→ボンネットオープナー・・・これだけ外してやっとロアパネルを外せます。

まずここまで外せるのを確認して、各種配線をチェックできてからエンジンスターターを買うべきですね。

 

外した姿がこちら。

 

f:id:shoutatani:20161120165250j:plain

もう、がっつりと外しています。

f:id:shoutatani:20161120175225j:plain

 

あとはちょちょいとつける・・・だけなんですが。

ワンタッチコネクターが曲者でした・・・今回、設置後に始動しようとしてもErr13(エラー13)で動きませんでした。どうやら、車両側からエンジンスタートの情報をキャッチできていない模様。

説明書通りに、エラーに対処しても動かず。

半ば心が折れかけていたときに、再度プッシュボタン付近のワンタッチコネクターを強くしめたら、無事認識できて始動できました。

どうやらワンタッチコネクターで通電できていなかった模様。

 

というわけで、エンジンスターターの概要とともに、アクセラ君の取付事例もご紹介しました。

自信がなければ決してやらぬよう!あとご自身の責任で!

神のご加護がありますように。(爪をやられて出血しました)