人生、徒然なるままに。

IT系の話題をメインに。DIYer。C#er。旅行/天文好き。

マザーボードの起動で調子が悪かったのを改善した

マザーボード(ASRock/ Z87Extreme6) がなかなか起動しない。原因を探って解決した。

 

Haswell世代のi7-4770Kを載せているZ87Extreme6。

www.asrock.com

 

経緯

これ、結構な頻度で起動しなくなってたんですよね。

BIOSの起動シーケンスに入るまで何回もリロード繰り返したり、その結果起動したり起動すらせずに落ちたり。

 

これ、マザーボードの調子が悪いのかなー、と思っていました。買い替えようとも。

 

もちろん、電力自体には余裕がありますし、メモリーもMemTestパスしてます。

もう本体にしか原因が見当たらず。

 

そこで今回、CMOS電池に着目してみました

CMOS電池は、BIOSが起動時にCMOSから各種情報を読み取って起動を行うにあたって、その情報を保持しておくための電池、だったかな?

どうもその電池が切れてるせいではないか、とアタリをつけました。

 

結果

見事大成功、起動するようになりました。

コンビニで、CR2032の電池を買ってきただけ。これで快適に。

 

考察

ASRockのマザーボードがクソなんじゃないかと疑ってすみませんでした。

ただ、電圧計で電池の電圧を測っていなかったので、直接的な解決方法ではなかったのかもしれませんが、マザーボードがなかなか起動しないような人は試してみるといいかもしれません。

 

以上、ご査収ください。