読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、徒然なるままに。

IT系の話題をメインに。DIYer。C#er。旅行/天文好き。

一眼カメラが欲しいあなたへ、カメラの選び方(初心者編)

家電 カメラ

スマホからより良いカメラを求める方へ。

 昨日の記事で、写真の撮り方を指南させていただきましたが、

それでも満足できず、何か良いカメラが欲しいという方へ。

 

shoutatani.hatenablog.com

 

カメラの探し方 

一眼?ミラーレス?フルサイズ?APS-Cマイクロフォーサーズ

家電量販店のチラシやネットを見ても、カメラって用語が多すぎて何を選べばよいのか分かりません・・・って方が多いんじゃないでしょうか。

 

最初から全てを求める必要はないと思います。

 

手の届く範囲で選べばよいので。

じゃあその選び方を。

 

1. 価格

なんといってもまず予算を決めるべきです。

上を見始めたらきりがないのがカメラの世界。

3万円出せるのか、6万円なのか、はたまた15万円なのか・・・。

 

http://www.flickr.com/photos/98937825@N00/207184137

photo by jwinfred

 

2. デザイン

価格帯が決まったら、次はデザインですね。

要領がわかっている人にとっては野暮な決め方でしょうけども、

最初は気に入ったデザインのカメラを選べばよいと思います。

2-1. メーカー

デザインで選ぶにあたっても、大体のメーカーは選ぶ必要があります。

キヤノンニコンソニーオリンパスペンタックス富士フィルムパナソニック

これらの中から選べばまず問題ないでしょう。

 

2-2. カメラの方式

ここが一番のカメラ人生の分かれ目かもしれません。

デジタルカメラには大きく分けて二種類あります。

・レンズが交換可能なデジタル一眼カメラ・ミラーレス一眼カメラ

・レンズが交換不可能なデジタルカメラ

 

2-3. レンズが交換可能なカメラを買う意義

・様々なバリエーションの写真を撮っていきたい

・長い間カメラに付き合っていきたい

・レンズ資産を築きあげていきたい

この三点かと思われます。

 

レンズが交換可能なので、今後画質に不満が出たり、違う構図・風味の写真を撮りたくなった場合に、レンズを交換することで自分の希望に沿った写真を撮れるようになります。

 

したがって、後からレンズを買い増ししても、規格が同じレンズであれば昔のレンズ・カメラも無駄にはならないんですね!

ここがレンズ交換不可のデジタルカメラとは違うポイントかな、と。

 

http://www.flickr.com/photos/29712408@N02/4689273816

photo by andrewrennie

 

2-4. レンズが交換不可能なカメラを買う意義

・カメラに今後多くの予算はかけたくない

・気軽に持ち運びたい

この二点かと思われます。

 

レンズというものは、スーパーマーケットで買えるような値段ではないので、カメラにそこまでお金をかけられない、という人にとっては交換できようができまいが問題にはならないと思います。

 

交換する予定がないのであれば、思い切って良いデジタルカメラを買うのも手かと。

ソニーやリコーからレンズ交換不可のデジカメもいろいろと発売されています。

それも下手なデジタル一眼より良いカメラが。(その分高いですが)

 

また、交換不可能なことにより、総じてコンパクトです。

できるだけ軽量で済ましたいという人にとってはアリかもしれないです。

 

http://www.flickr.com/photos/49968232@N00/14862253291

photo by Leo Reynolds

 

2-5. どちらを選べばよいのか

レンズ交換ができるカメラか、出来ないカメラか、どちらを選べばよいのか・・・

私としては交換できるカメラをおすすめします。

ある程度の金額を出してカメラを買うのですから、それならばより良いカメラがほしいもの。

普及帯(3万~6万円)程度のカメラだと、レンズ交換可能なカメラ(ミラーレス一眼)のバリエーションが多く、そしてそれと同価格帯のデジタルカメラよりかは良い画質のカメラが選べるのでお勧めです。

 

3. 機種の絞り込み

1. で価格、2. でデザインを決めたら、あとは絞り込んでいくだけです。

フィーリングで決めるのもありですが、以下の方法をおすすめします。

 

作例で決める

 

これです。

実際に購入しようとしているカメラで撮られた写真を見てみて、

その写真の質に納得がいくカメラを選べばよいです。

価格.COMのレビュー・口コミのページなどに掲載されている写真などで十分です。

 いろいろ見ていくうちに、欲しいカメラが自ずと決まっていくはずです。

 

良いカメラが選べますように。

 

 

 

余談

写真の画質というものは、撮像素子(さつぞうそし:光を受けるセンサーのサイズ)とレンズ性能で決まってきます。

このうち、撮像素子はカメラに依存するので、変えようと思ったらカメラごと変える必要がでてきます。

種類として、フルサイズ・APS-Cマイクロフォーサーズなどがあります。

takuki.com

より大きな撮像素子を選んだ方が、一般的によりよいポテンシャルを発揮できますが、

その分カメラ自体のサイズや価格も高くなる傾向にあります。

自分の撮影したいシチュエーションに沿った撮像素子を選ぶとよいでしょう。

 

以上。