人生、徒然なるままに。

IT系の話題をメインに。DIYer。C#er。旅行/天文好き。

格安SIMのIIJmioにauからMNPで乗り換えるまで。

巷で話題の格安sim。IIJmioMNPで転入しました。

MVNOに乗り換える 

元々は、10数年前からauユーザーでした。

ただ、毎月1万円近くの固定費。

どうにかならないか、と試行錯誤した結果とMVNOのIIJMNPした結果です。

f:id:shoutatani:20150906234131j:plain

 

MVNOとの出会い(データ通信SIM)

数年前までは、auで普通に定額制データ通信+音声通話契約で月8000円程度支払ってしましたが、ネットばっかりで電話もそこまでせず、挙句の果てにLINEで連絡が事足りたのでキャリアのE-mail(ezweb.ne.jp)も使わない事態に。

 

そんなとき、ふと出会ったのはIIJmioのデータ通信SIM。

www.iijmio.jp

月3GBまでは高速LTE通信,それ以外は低速データ通信の定額通信で、

どんなに使っても1000円程度という安さ!

音声通話とキャリアメールは・・・なんとか維持したかったので、auガラケーにSIMを移し替えて、E-mailし放題プラン(ガンガンメール?だったかな)変更し、こちらも月1000円程度で維持してきました。

 

つまり、スマホではネットのみ・ガラケーでは音声通話とe-mailを使うという、所謂二台持ち

 

この体制で二年間ぐらい過ごしてきました。

おかげで、月々の支払いが8000円→2000円まで下がって二年間で15万円程度は節約できました。

15万円!25円のジャガイモ6000個分ですよ、芋人間になれるね。

 

 

MVNOとの出会い其の二(電話番号付きSIM) 

二台持ちって正直邪魔でした。

電話しながらスマホで調べものできるのは便利でしたけど、夏場とか特に邪魔。

全然スマートじゃない。

 

そこで、IIJmioのみおふぉんへのMNP転入、つまりauを手放すことを決意

 

みおふぉんとは?以下の通り、高速データ通信も月々の制限内ならば可能で、音声通話もできるプラン。約1600円

www.iijmio.jp

 

これで携帯環境は以下のようにまとめられるプランとなります。

 

○音声通話

ガラケースマホ番号変わらず

 

○インターネット

IIJmioのままなので、月3GBまでは高速LTE通信

 

○キャリアメール

使えなくなる

 

欠点としてはキャリアメールが使えなくなることくらい。

今は電話番号でのショートメールも各キャリア間でできますし、それほど欠点ではないかも。

 

早速乗り換えようと検討しましたが、auでは誰でも割(月々の基本料金が半額に)を契約していたので、すぐに乗り換えると1万円程度の解約違約金が発生するとのこと!

しかも二年継続なので二年間が経って契約更新月にならなければ損することに・・・。

 

待ちました、待ちましたよ長い間。

ようやく2015年9月が契約更新月なのでMNP手続きに入りました。

IIJmioの3GBデータ通信プラン(microSIM)から音声通話契約(nanoSIM)に、カード交換の名目でMNP

 

流れとしては以下の通りとなりました。

 

2015/09/01火曜 12:00頃 auへ問い合わせ、MNP番号を発行。

2015/09/01火曜 13:00頃 IIJにカード交換でMNP転入を申請。

2015/09/01火曜 14:00頃 IIJに本人確認書類のアップロード完了。

2015/09/02水曜 11:45頃 IIJから本人確認完了のお知らせ。

2015/09/02水曜 23:45頃 IIJからauの番号停止予告。

2015/09/03木曜 12:00頃 この頃からauが使えなくなりました。

2015/09/04金曜 08:00頃 IIJmioのデータ通信SIMも使えなくなりました。

2015/09/04金曜 日中       IIJから新しいSIMが到着。

f:id:shoutatani:20150907001459j:plain

2015/09/04金曜 23:00頃 SIMカードの入れ替え。

 

なんともスピーディ!72時間程度で完了しました。

しかし、やはり1日程度音声通話もデータ通信もできない時間帯が発生するので注意。

 

 

これで、めでたくIIJmioで音声通話も今までの番号のまま可能になりました

 

 

さて、なぜmicroSIMからnanoSIMに変えたのかというと、

・nanoSIM対応のスマホが増えてきたこと(iPhone含む)

SIMカードアダプターを付ければmicroSIMにも対応可能なこと

この二点に尽きます。先を見越してのことです。

 

ただ、このSIMカードアダプターが曲者で、品質が悪いアダプターを使うとSIMカードの装着時に失敗してスマホ本体を壊したりすることもあるそうで。

www.amazon.co.jp

私はJAPAEMOってところのアダプター使いました。

左がnanoSIM,右がアダプター。

f:id:shoutatani:20150907001406j:plain

 

nanoSIMをアダプターにはめるときにちょっと工夫しまして、

貼り付け面に両面テープを1mm×1mm程度のほんの申し分程度の大きさで貼りました。

おかげでいい感じに固定でき浮くこともありませんでした。

 

今は無事Xperia Z1fで使えています。

 

キャリアのサポートや長時間通話・キャリアメールが欲しい人はDocomoau等の大手キャリアを推奨しますが、

上記に当てはまらいなら格安SIMを検討してみては。